アロマを仕事に② AEAJの求人サイトで仕事を探してみたら…

2015年10月、アロマテラピーインストラクター試験になんとか合格。引越し先の大阪で仕事を探しはじめました。

お仕事探しをした媒体はAEAJ 求人一覧表(外部リンク)

資格を取得したAEAJ(日本アロマ環境協会)の公式サイトに掲載されています。

しかし、求人情報をよーく見ると現実が見えてきました。



AEAJ「求人一覧」での探し方

まず、探し方について簡単に。

協会の「求人一覧」ページではこんな条件で絞込検索ができます。

  • 地域
  • 希望条件(どの資格を活かすか)
  • 仕事内容(接客・講師など)
  • 雇用形態(正社員、パートなど)

「募集終了分の求人情報も表示する」にチェックを入れると過去分も閲覧可能。

当時検索した条件は…

  • 地域:近畿(県別にはならない)
  • 条件:アロマテラピーインストラクター
  • 仕事内容:チェックなし(全て)
  • 雇用形態:チェックなし(全て)

何件かヒット。

記憶では5~7件ほど。時期やタイミングによります。

求人の詳細を見てみると…

ヒットした案件を見ると、接客・販売と講師が半々くらい。

販売は生活の木や個人のショップだったと思います。

講師は大手スクール、個人スクールいろいろ。

接客・販売で求められるスキル

よく見た条件は

  • アロマテラピーアドバイザー
  • アロマテラピーインストラクター

どちらかを取得していれば応募可能な案件が多かったです。

検定1級でもOKというお店もありますし、インストラクターのみ募集のところも。

細かい就業条件はさておき、インストラクターは販売職の応募が可能なようです。

では「講師」はどうでしょうか。

講師に求められるスキル

合格前は、インストラクターを取得すれば講師になれると思っていました。

半分は合っていて、半分はマチガイでした。

よく見た条件は…

  • 個人スクール:インストラクターでOK
  • 大手:インストラクター&セラピスト

大手はさらに、トリートメントの実務経験者が優先。

「インストラクター」+「セラピスト」+「実務経験」。サラリーマンに置き換えると、同期に一目置かれるバリキャリです。

ひよっ子インストラクターは論外。

条件きびしいっす…。

と思ったものの、冷静に考えると当然かなと。

理由はこのあと。

講師にあると尚よいスキル

大手スクールの求めるスキルにあった「インスト」+「セラピスト」+「実務経験」

この要求は大変理にかなっています。

インストを目指すときに受講する「アロマテラピーインストラクター標準カリキュラム」には

  • タッチング論
  • ボランティア論
  • ホスピタリティとコミュニケーション
  • 解剖生理学

といった、サロンでのトリートメントにつながる内容が含まれます。

私は札幌の個人スクールでインストラクター標準カリキュラムを学びました。

当時の先生は二人。

まず、オーナー先生は「インスト+セラピスト+実務経験」。

加えて、過去大手化粧品会社に勤務&NARDのインストも取得、サロン経営。とバリキャリどころか経営者さま。

講義では現場の裏話、セラピスト時代に感じていたプレッシャーなど、経験者ならではの熟成されたお話がたっぷり。

アロマとサロン両方のプロとして流れる水のごとくの知識。

吸収するこちらもフル回転。

もう1名の先生はインストラクターを取得、セラピストに向けて学習しながら講義をご担当。

字もお顔もキレイで見とれていたら、講義が始まると面白系。リアルタイムで勉強している先生は身近な存在、オーナー先生とのバランスがちょうどよく。

この先生達から学べて本当によかった~と今でも思います。

今の自分が講師になっても、こういった講義とはほど遠いと気づきました。

でも最初はうまくできなくて当然、気にしていたら進めない。

で、どうしよう?

いきなりスクールの講師は早いのでは?という考えが浮かんできました。

えいっと飛び込むのもアリですが、大阪のスクールは個人でもレベルが高そう…と尻込みもありつつ。

焦らず、落ち着いて考えることに。

思っていたより小心者だなぁと。はじめて地元を離れるとこんなもん?

追記

その後のセミナー経験で「人前で話すことに喜びを感じないタイプ」と判明。そもそも適性がなかったというオチでした。

接客・販売は?

講師よりハードルが低い販売はトライできるかも。

リーマン時代は本社・企画などの後方支援系。お客様の前に立つことはなく。

そういえば学生時代は接客メイン。10年ぶりだけど、そのうち慣れるさと検討をはじめました。

が、ちょっと調べて気づいたのが

  • シフト制(夜もある)
  • 土日祝は基本出勤

当たり前じゃないの!とツっこまれそうですが、長らくの会社員生活で失念しておりました。

今となってはこの条件でも良いですが、当時は単身赴任先に合流したばかり。家族とのバランスを考え、できれば平日に働くお仕事を探そうと。

新天地でアロマを仕事にと、はりきってたじゃないのアンタ。とお叱りを受けそうですが、これが私に起こった現実でした。

2年後、販売職に応募しかけたときの話はアロマを仕事に⑫ アロマの求人に問合せをしたら、まさかの対応だった件にまとめています。

順番、違わない?

と、いきなりコケたのですが、気づいたことが。

このとき、最寄り駅からどこに行けるかすらわかっておらず。どの店で何が買えるかも未開拓。おっさん以外の知り合いはナシ。

それなのに仕事を探しまくって順番違わないか?と。まず新しい土地に慣れ、人とのつながりを持ちながら考えた方がいいのでは?と。

目が覚めました。

慣らしと情報収集

正気に戻り、多少はマシな行動がはじまりました。

中心部に出てアロマ関連のお店をチェック。店員さんとの会話で大阪弁のヒアリング練習(大真面目、敬語やちょっとした言い回しなど、違う点がたくさん)。

勉強したことを忘れないようテキストをめくりつつ、AEAJのサイトで求人を閲覧&タウンワークを熟読。

ところで、おっさんしか話相手いないってどうなんよ?と外に出ることに。

これが新たな気づきのきっかけになりました。

アロマを仕事に③ 意外なところで資格を活用@ヨガスクールへつづく

スポンサーリンク