【体験談】宮古島東急ホテルのスパ”ゆるりあ”で南国ハーブを満喫

ほんとうに良かったので宿泊記からスピンオフ。

家族で宮古島東急ホテル&リゾーツへ。

行けると思っていなかったスパを体験でき、心の底から癒されました。

きちんと紹介したいので単独記事に。

4ヶ月の子を連れての家族旅行。

産後すぐの転勤でボロボロでしたが、このスパで復活。



スパ ”ゆるりあ”

ホテル地下に入り口が。広々としたエントランスで靴をぬぎ、スパの世界へ。

街スパもいいのですが、ホテルスパの雰囲気が大好き。

この時点でもう心地よい。

椅子にうながされ、問診票に記入。ウェルカムドリンクはシークワーサージュース、みずみずしい香り。喉がうるおいます。

予約したのは「琉球月桃フェイシャル」45分。説明によると・・・

紫外線で傷んだお肌を素早く修復させるホワイトニングケア。宮古島の大自然に生息する天然ハーブや月桃が日焼けの炎症を鎮めメラニンの活性を抑えます。

沖縄に引っ越してから陽の光にやられてました。今受けたいのは、まさにこのメニュー。

価格は10,800円、予約時はちょっと高めかなと思いましたが、受けたあとは大満足。

トリートメントルーム

白と淡い木目を基調にした個室。清潔感にあふれています。

ここから夢の時間がはじまると思うと、腰がぬけそうになりました。

出産前はそこまでの畏れ多さはなかったですけどね、赤ちゃんいる身でスパなんて来ていいんだろうか・・・と逡巡。

フェイシャルでもガウンに着替えます。首とデコルテ、背中の上半分もケアしてもらえるので。

フットバス

まず足浴から。タオルの隣にある白いのは宮古産のまーすー(塩)。これを湯にいれて足を洗ってもらいました。塩が入ると湯がキリっとひきしまる。足すっきり。

トリートメント

ここからが本番。

  • クレンジング
  • 泡洗顔
  • 保湿
  • 顔ツボ押し・タッピング
  • 首とデコルテのケア
  • 肩と背中をほぐす
  • 顔の保湿パック
  • 仕上げ

たぶんこんな順番でした。恍惚としていてうろ覚え。

セラピストさんのリズミカルで流れるような手さばきにうっとり。とても上手な方でした。

施術中、あたまの中には「いいイメージ」がずっと再生され、脳も休息を得ていました。

あたまの中が「無」になると最も回復するのですが、嬉しいきもちが抑えきれず。ぐんぐん沸いてくるイメージを脳内で見続けていました。

トリートメント後

終了後はこちらのスペースでお茶をいただきます。

ホット、アイスが選べました。冷たいのをお願いすると「楽しまなく茶」という宮古産のハーブティーが。南国らしい爽やかな口あたり。香りにリラックス。

美味しかったのでお買い上げ。左が小、右が大。お土産にもちょうどよい。

ぷるぷるのミニパンナコッタもいただきご満悦。あぁ本当に幸せ。ずっとここにいたい。

宿泊スパのよいところ

スパは大好き、でもふだんはおあずけ。旅先で行くことにしています。

ホテルスパは割高ですが、メリットがとても大きいからです。

  • 移動が楽
  • スパ後も非日常
  • ホテルを堪能できる

終わってからの移動はエレベーターのみ、楽すぎて得した気分。移動が限りなくゼロというのは、時間を無駄にせず実際お得。

スパ後も非日常、これもたまらない。すんごい楽しい夢を見ていたのに起きてしまった。でもまたつづきが見れる。そんな感じです。

ホテルそのものが好きなので、スパゾーンに入れること自体が喜びです。これはちとマニアックですね。

月桃って?

今回のトリートメントに使われた月桃。沖縄で採れるハーブで美肌作用や殺菌作用にすぐれています。

葉からは精油が採れアロマテラピーにも使います。個性的で強さのある南国の香り。

ハーブティーとしても飲用でき、先ほどの「楽しまなく茶」にもブレンドされています。爽やかな香りにはリラックス作用とリフレッシュ作用が。

その土地ならではのハーブをつかったトリートメントは、香りの想い出にもなり嬉しい。

とても素敵なスパ体験でした。宮古島東急に宿泊される方はぜひご予約を。